相談支援センターのぞみ

平成29年4月1日に地域交流拠点センターこちゃまぜ(佐世保市権常寺町1108-6)内へ移転しました。
障がいのある方のニーズや置かれている状況を考え、様々な視点から地域での自立した生活を支えるお手伝いをします。

 
 

事業内容

・指定特定相談支援事業
・指定障害児相談支援事業
・指定一般相談支援事業

 
 

ご利用概要

・対象者:障がいをお持ちの方とそのご家族(原則として佐世保市にお住まいの方。手帳をお持ちでない方も利用できます。)
・相談方法:来所による相談、電話相談、家庭などへの訪問相談
※来所相談については、事前にお問い合わせください。
※相談は無料です。
※相談内容は秘密厳守いたします。

 
 

事業所特徴

・立地・・・佐世保市東南部地域の中心地となる早岐に位置しています。
      佐世保市役所早岐支所の隣にあり、どなたにもわかりやすい場所にあります。

・設備・・・生活介護事業所との併設ということもあり、1階部分はバリアフリーとなっており
      車いす等の身体に障がいのある方のご相談にも対応させていただけます。

nozomi01

nozomi02

 
 

サービス内容

【日常生活に関する様々なご相談】
佐世保市から委託を受けた相談窓口で、自分らしい生活に向けて様々な相談ができます。
仕事・友達・生活・家族など、希望の実現や困りごとを一緒に考えていく場所です。

・福祉サービス利用に関する支援を行います。
・社会資源の活用についての支援を行います。
・権利擁護のために必要な支援を行います。
・必要に応じ、関係専門機関へのご紹介を行います。
 

【サービス等利用計画の作成と調整】
・市町からサービス等利用計画作成費の支給を受けた方からの依頼により、利用計画の作成と各事業所との調整を行います。
 

【サービス利用計画と計画相談支援の流れ】

<受付・申請> 障がい福祉サービスを利用したい方がサービス利用の申請をします
                   ⇓
<障がい程度区分の認定> 市町の障がい福祉課の方が聞き取りをして区分認定をします
                   ⇓
<サービス等利用計画案の作成> 相談支援事業所がご本人の意向を聞き、計画案を作成します
                   ⇓
<支給決定> 市町が区分認定とサービス等利用計画案をもとに、サービス内容の支給決定をします
                   ⇓
<サービス担当者会議> ご本人、家族、利用する事業所で計画案の内容について話し合います
                   ⇓
<サービス等利用計画> サービス等利用計画ができます
                   ⇓
<サービス利用> 作業所の通所や委託介護(ホームヘルパー)、グループホームなどへの利用ができます
                   ⇓
<モニタリング> 相談支援事業所がご本人から意向を聞き、事業所からも状況を聞き必要に応じ計画の見直しをします
 
 

スタッフ

・管理者:1名(兼務)
・相談支援専門員:3名
・相談員:4名
 
 

アクセス

長崎県佐世保市権常寺町1108-6

TEL:0956-76-8380 / FAX:0956-76-8430